インプラントのよくある失敗例

インプラント

インプラントは絶対安心じゃない

インプラントの失敗談などをよく聞くとがあります。医療保険かほとんど適用されなくて、高い治療費を払ったのに短い期間でダメになった、なんてことになってもおかしくなありません。どんな歯科治療にも制約がつきます。そこをきちんと守ることが歯を長持ちさせるコツになります。

患者の意識不足による失敗

手術後のケアを怠ったことによる失敗例が最も多いとされています。基本的に歯科医療に対しての知識が乏しいのでケアの手順を誤ったり、メンテナンスを時期をずらしたりとインプラントの維持に対する注意が低くなったことが原因で本来の機能を損なうなどの失敗例があがっています。

医療ミスによる失敗もある

医療現場の衛生管理や手術中の医療ミス、または医師の理解不足から失敗になるケースも寄せられています。解剖学などの知識や技能も必要とされる外科手術になるのでより専門性の高い治療となります。医療側の経験不足やヒューマンエラーなどでインプラント本来の適した治療と異なる治療結果になる場合もあります。

予期せぬ出来事が失敗につながることも

より専門性の高い医療現場では予期せぬ不具合があるものです。手術中の誤作動、器具の故障、患者の状態の把握ミスなど様々なトラブルが起きる可能性があるものです。以上の点は事前に発見することが難しく、突発的なトラブルに完璧に対応することは難しいです。実際に起きてしまったったトラブルに対してどこまでのリカバリーができるのか、どういうフォローができるのかが重要になります。

インプラント手術でよくある失敗の原因

no.1

インプラントメーカーが悪かった

メーカーによってインプラント製品の質・値段はピンキリです。信用に足りるメーカーもあれば杜撰な作成管理体制で粗悪品を販売するメーカーもあります。施術当初は良好かもしれませんがインプラントの人口歯は長い期間お世話になる体の一部です。医療保険の適用外だからといって安さにこだわってしまうと余計な出費につながる可能性があります。1位になるだけあってメーカー選びで失敗している人は多いようです。

no.2

嚙み合わせの調節が完璧じゃなかった

第2位は「噛み合わせ」に関するトラブルです。インプラントの施術部分が成功しているのかどうかがすべてではありません。本当の意味での成功とは口の中全体とのバランスが取れているのかどうかがポイントです。口の中全体を考慮した噛み合わせの調整ができていなければインプラント治療は成功とは言えません。

no.3

ドリルの熱で骨にやけどをさせてしまった

インプラント治療の手術家庭では土台の形成としてドリルで骨に穴をあけて歯根を埋入する必要があります。その際にドリルの熱が骨にダメージとして加わってしまうと骨と歯根の結合が失敗する原因になってしまいます。手術の際にはドリルをうまく加減できなければ余計な工程が増えることになるので、効率の良い切削をしてもらわなくてはいけません。この工程で失敗している、との声が多かったことが3位の決め手になりました。

no.4

担当主治医が解剖生理学では知識不足だった

インプラント治療のに必要なのは歯科医療の知識だけではありません。骨を切削する外科手術を行うのですから解剖学の知識も要求されます。患者に合わせたインプラント、適切な位置・角度を判断できる知識量がなければ神経を損傷させてしまったりと二次的なトラブルを引き起こす原因になります。十分な知識を持って治療にあたるのが絶対条件ですが経験不足からくるヒューマンエラーが4位になってしまったようです。

no.5

医院の衛生管理が徹底されていなかった

インプラントの感染は何も術後のメンテナンスによるものだけではありません。手術室当時の衛生環境も感染症のリスクを左右するものです。医院側は手術で使用するものは極力使い捨て、できないものは除菌を徹底するなどの管理が重要です。実際のインプラント感染の失敗例はもう少し多いのですが、手術時の衛生管理に限定すればそこまで多くない、というのが5位になっている理由です。