保険適用型インプラント

歯科

医療保険が反映されるインプラント義歯

先進医療として実践されてきた「インプラント治療」ですが近年では自由医療として側面だけではなくその必要性も認知されてきました。そこで平成24年度より国の定めた条件が該当する場合、医療保険が適用されるようになりました。

インプラント義歯治療とは

インプラントの人口歯を用いた手術は歯科技能手術ではなく、外科手術の領域です。医療の分野では正確には広範囲顎骨指示型装置埋入といいます。あごの骨に土台を取り付けて補助装置(人口歯など)を取り付ける手術を指します。

どんな場合にインプラント治療に医療保険は適用されるのか

日常生活に大きく支障が出る場合にのみ、適用されるようになっています。腫瘍や顎骨骨髄炎などの重度な病気。事故の外相で広範囲のあごの骨を損失した場合が該当します。それにかかる骨移植、再生医療にかかる費用などに対しても医療保険が適用されます。

保険が適用されるのは必要時のみ

保険対象には細かい条件がありますが、総じていえることは「インプラント治療で保険が適用されるのは日常生活に著しく支障をきたす際の解決策として行われる必要外科手術のみ」ということです。コンプレックス解消など大きく日常生活を左右しないものほかに代替可能な医療方法があるにも関わらず選択した場合は「自由医療」とみなされ保険の適用はされません。

インプラントに医療保険は適用される

「インプラントはすべて自由医療だから保険は適用されない」と思っていませんか?国の医療方針は次第に変わってきています。すべてのケースが当てはまるわけではありませんがインプラント治療でも医療保険が適用されるようになりました。